民泊をスタートするなら代行業者に任せよう

積木

リスクのない不動産投資

マンションと住人

家賃の保証金額に注目する

マンションやアパートの不動産投資でリスクなのは、購入した不動産に空室が多くなって家賃の収入を得られない事です。そういったリスクを無くすには、投資した不動産に家賃保証の契約を結び、マンションやアパートに空室ができても家賃の保証をしてもらうことが重要です。不動産投資は建物の設備を充実させたり家賃を低く抑えることによって、空室の数を減らす事はできますが、完全に空室を防ぐ事はできません。家賃保証を利用する事によって、家賃で本来受け取れるお金の一定額を、不動産管理会社が支払ってくれます。そのため家賃保証を利用して不動産投資を行えば、空室のリスクに悩むことなく、安定した収入を得られます。家賃保証を利用して不動産投資を行った場合、空室が増えたり入居者が長期間にわたって決まらない時には、家賃の相場を見直す事になります。多くの場合は家賃を減額する事になるため、家賃保証の契約をする時には家賃の最低保証金額に注目しましょう。家賃保証を利用した不動産の空室が増えたときには、周辺の競合する物件と同レベルか、それよりも少し低い家賃になることが多いです。家賃保証を利用した不動産投資で収益をあげるには、立地の良い場所の不動産に投資を行う事です。マンションはアパートは立地の良い物件であれば、家賃を高く設定する事ができるため、家賃保証で空室のリスクを無くして、安定した収益を上げられます。立地の良い不動産は空室が増えても、家賃が大きく値下げされる事は少ないため安心です。