民泊をスタートするなら代行業者に任せよう

積木

賃貸契約を結ぶ

女の人

賃貸保証会社は、何らかの理由で借主に連帯保証人が見つからないとき、連帯保証人の代わりを担ってくれます。借主が家賃を払えないときは賃貸保証会社が一時的に立て替えてくれるため、連帯保証人がいない時でも希望した物件を借りやすくなります。借主が賃貸保証会社と契約することで貸主や管理会社は安心できるため、スムーズな賃貸契約を結ぶことができます。賃貸保証会社と契約を結ぶためには、借主が申請をして審査が開始されます。希望する物件によっては管理会社が申請を請け負う場合もあります。審査は通常2日から一週間程度の期間がかかりますが、借主の都合によってはできるだけ早く審査を通過したいという人も少なからずいらっしゃいます。審査基準は賃貸保証会社によって異なりますが、どの会社も毎月の家賃を払えるかどうかという点から審査が行われます。仕事に勤務していて、お給料に見合った家賃の物件を選ぶことで、審査結果は短縮されます。賃貸保証会社によっては連帯保証人がいると借主の負担額が減り、審査が通りやすくなることもあります。現在フリーターの方や休職中の方でも、保険料の滞納や借金が無ければ家賃が安い物件を選ぶことで審査基準を満たしやすくなり、審査時間を短縮することができます。こういった形で審査時間が短くなると、入居希望者側だけでなく貸す側にもメリットが生じます。時間が短いことにより入居手続きも早く行われ、収入がその分入ってくるからです。審査がスムーズということは、問題のない人ということにもなるので、安心して貸し出すことが可能になります。賃貸保証会社に任せることで借りる側は万が一のときに安心出来ますし、貸す側は楽になり、さらにトラブルを未然に防ぐことが出来るので、両方にとって便利な手段といえます。