民泊をスタートするなら代行業者に任せよう

積木

既存物件でファイナンス

女の人

入居率を高める工夫

サブリースとは、空き地を賃貸住宅として有効利用するための、不動産会社によるサービスです。依頼すると、まずはその空き地に賃貸物件が建設されます。そして不動産会社は、その賃貸物件を入居者が途切れないように管理をして、家賃の80〜90%をオーナーに支払うのです。つまりオーナーは、建設や管理を任せているにもかかわらず、家賃収入を得ることができるわけです。そして昨今ではこのサブリースサービスを、既存物件でも実施するという不動産会社が増えてきています。既存物件は、新築物件と比較すると古いことから、入居率がやや低めとなっています。しかし不動産会社に管理を任せれば、新築物件でのサブリースと同じように、入居者の途切れにくい状態にしてもらうことができます。これにより、オーナーはやはり安定した家賃収入を期待できるようになるのです。具体的には不動産会社は、リフォームやリノベーション、適正な家賃設定などによって、入居率を高めます。地域のニーズに合うようなデザインや間取りにしたり、相場を考慮しながら借り手にとって魅力的な家賃を設定したりするのです。もちろん、WEBや不動産情報誌を利用した宣伝活動もあるため、空室は埋まりやすくなります。それでも空室となった場合には、不動産会社が補償するため、オーナーのもとには入居者がいた場合と同様の家賃が入ってくるのです。こういったメリットから、既存物件を利用したファイナンスを希望するオーナーの多くが、サブリースを利用しています。