民泊をスタートするなら代行業者に任せよう

硬貨

賃貸契約を結ぶ

賃貸保証会社は借主の連帯保証人の役割を担ってくれるため、貸主や管理会社は安心して借主と賃貸契約を結ぶことができます。賃貸保証会社には独自の審査基準があり、その基準を満たせば審査を通過して賃貸契約を結ぶことになります。それによって貸す側にもメリットが生じます。

新しい不動産投資の形

部屋

旅行者へ物件を提供

為替市場において円安が進んだことで、海外から日本を訪れる方が増えています。自国通貨が円に対して強くなるのですから、日本でのお買い物もよりお得になり最高のチャンスと言えるかもしれません。こうした事情を背景に注目されているのが、民泊と呼ばれるサービスです。所有している物件を宿泊施設として来日者に貸し出すことで、利益を得ることができます。これまで旅行者というとホテルや旅館を利用するのが一般的でしたが、それらより割安な料金で貸し出せばビジネスとしても十分成立します。物件によっては賃貸で貸すよりも民泊として提供したほうが旨みがあるケースも多く、不動産活用の新しい形と言えるかもしれません。ただ、実際に民泊用に貸し出すとなると、様々な手続きを自分でこなす必要があります。普段他に仕事を持っている人なら、こうした点は煩わしいと感じることでしょう。しかし民泊の代行サービスを活用すれば、それらの問題点は解決できます。物件の運用を全て代行サービスに委託するだけで、面倒な手続きを省いて利益だけを受け取ることができるからです。物件からの収益を最大限化するには回転率を高めることが重要です。この点でも代行サービスなら素早く利用者をマッチングし、空きの出ないようにしてくれるなど利点が多いと言えます。旅行者は、よく知られている代行サービスを利用して宿泊先を探しています。収益の機会を増やすには、多くの人が利用している代行サービスに委託するのが一番です。目に止まる機会が増える上、サポートも優れており安心です。

リスクのない不動産投資

マンションやアパートの不動産投資をするとき家賃保証を利用することで、空室のリスクを心配する必要がなくなります。家賃保証を利用した不動産に空室が増えると、家賃を値下げする事があるため、家賃の最低保証金額を確認することが大切です。

既存物件でファイナンス

不動産会社の中には、既存物件でのサブリースサービスを実施しているところもあります。入居率が低めの既存物件でも、不動産会社はリフォームや適正な家賃設定、宣伝活動などによって入居率を高めます。さらに空室となった場合でも家賃を補償するので、オーナーは安定した家賃収入を得ることが可能となります。